WordPressをヘッドレスCMS可にする

投稿日:2020年10月20日

更新日:2020年10月20日

WordPressをインストールしてWordPress用のテーマを作る

↓こちらを参考にほぼ言われた通りに進めてみましたw
参考サイト:WordPressをヘッドレスCMS化したメモ

ロリポップのライトプランを申し込み

JSONを作るためだけのWordPressなので、高級なサーバーは必要ないかな…との判断です。
簡単インストールをしてWordPressを設置。

空っぽのテーマを作る

必要なファイルはこれっぽっち。

  • index.php(中身無し)
  • style.css(最低限の記述)
  • screenshot.png(真っ白画像を用意)
  • functions.php(カスタム投稿タイプの記述をします)

「投稿」を使わず「カスタム投稿タイプ」を使う

これは、参考記事に書かれたことが納得で「投稿」を使ってしまうとすべての記事が一緒に出力され、その後、記事を分けるのが大変だということです。

「style.css」は最低限の記述。

@charset "UTF-8";
/*
Theme Name: goHeadless
Author: the Yoshiko Sarakai
Author URI: https://gogridsome.work/
*/

「functions.php」はこんな感じ。今のところカテゴリーを使う予定はないので、これでOKと!

<?php
  function custom_post_type_diary () {
    register_post_type( 'diary', [
      'public' => true,
      'has_archive' => false, // アーカイブを無効
      'publicly_queryable' => false, // プレビュー機能
      'menu_position' => 5, // 管理画面メニュー順序
      'labels' => [
        'name' => '日記' // 管理画面表示名
      ],
      'show_in_rest' => true, //必須
      'rest_base' => 'diary',
      'supports' => array( 'title', 'editor', 'thumbnail'),
    ]);
  }
  add_action('init', 'custom_post_type_diary');
  //アイキャッチの有効化
  add_theme_support('post-thumbnails', ['diary']);
?>

テーマを切り替えて出力を確認!

WordPressのURLに「/wp-json/wp/v2/diary/」を付けるとJSONの表示が確認できます。

WordPressのURLに「/wp-json/wp/v2/diary/?_embed」を付けるとサムネイルも表示も確認できます。

今日はここまで。。

目次ページに戻る